WordPress BizPlugin

ビジネスサイトに使えるWordPressのプラグインを制作・配布しています

Biz Calendar

Biz Calendarは、営業日・イベントカレンダーをウィジェットに表示するプラグインです。
休業日、イベント開催日を表示するカレンダーを サイドメニューに簡単に作成できます。

screenshot-1

特徴

  • 曜日を指定して定休日に設定できます
  • 祝日を自動的に定休日に設定できます
  • 臨時休業日・臨時営業日を登録できます
  • イベント開催日、urlを設定できます
  • ページを移動せずに翌月・前月のカレンダーを表示できます

ダウンロード・インストール

こちらのページです

設定

WordPressの管理画面で、設定メニューからBizCalendar設定を選択して、BizCalendar設定画面を開きます。

BizCalendar設定画面

以下の設定が可能です。

定休日の説明

  • カレンダー下部に表示される定休日の説明文を入力します
  • 空白の場合、カレンダー下部に説明文は表示されません

日曜日~土曜日

  • 定休日として設定する曜日を選択します

祝日を定休日にする

  • 祝日を自動的に定休日にする場合に選択します
  • 祝日の情報をGoogle Calendar APIから取得しています。Google Calendar APIに接続できない環境では祝日が表示されません
  • 祝日の情報は、4月1日から翌年3月31日まで表示されます

臨時休業日・臨時営業日

  • 臨時休業日・臨時営業日を設定します。
  • 日付は、YYYY-MM-DD (例 2001-01-01)の形式で登録します。1桁の場合でも0は必須です。
  • 複数個登録できます。複数登録する場合は改行してください。登録できる件数の上限はありません。

イベントの説明

  • カレンダー下部に表示されるイベントの説明文を入力します
  • 空白の場合、カレンダー下部に説明文は表示されません

イベントのurl

  • イベント日をクリックした際に開くページのurlを入力します
  • イベントを複数登録した場合でも同じurlが開きます

イベント日

  • イベント日を設定します。
  • 日付は、YYYY-MM-DD (例 2001-01-01)の形式で登録します。1桁の場合でも0は必須です。
  • 複数個登録できます。複数登録する場合は改行してください。登録できる件数の上限はありません。

月送り制限設定

  • 前の月/次の月への月送り範囲を制限できます
  • 「制限なし」を選択すると月送り範囲は無制限になります
  • 「年内」を選択すると月送り範囲は1月~12月になります
  • 「年度内」を選択すると月送り範囲は4月~翌3月までになります
  • 「指定」を選択すると、下でそれぞれ表示する期間を設定できます

次の月/前の月

  • 月送り制限設定で「指定」を選択したとき有効になります。
  • 0~12ヶ月まで選択できます。
  • 0に設定すると月送り機能が無効になります

「変更を保存」ボタンをクリックすると、設定内容が保存されます。

使用方法

  1. 管理画面の「外観」から「ウィジェット」を選択して開きます。
  2. ウィジェットページの利用できるウィジェットからBizCalendarをドラッグし、表示するサイドバーやフッターにドロップします
    (1ページに表示できるカレンダーは1つです。複数設定しても1つしか表示されません)
  3. カレンダーのタイトルを入力して保存します

機能拡張・カスタマイズ